日産・トヨタ・ホンダのハイグレード中古車を提供する
サンユーさいたまセカンド店の中古車情報サイト

中古車のご相談ならなんでもお気軽にお電話ください

New リアルガラスコート

New リアルガラスコート

新車時の美しい塗装コンディションを、長期にわたって維持し続ける
最先端のガラス系ボディコーティングシステムです。

G’ZOXシリーズのNewリアルガラスコートは、車の塗装面を驚異的な撥水耐久性能を発揮するガラス系皮膜で覆い、大切なボディを長期間ガード。
密着度・硬度にも優れ、耐候性・防汚性・耐熱性・耐薬品性等の保護性にもズバ抜けた性能を発揮。
さらに息を飲むような艶・光沢で愛車を演出します。

今までのコーティング剤にない撥水性能

「撥水性」とは水をはじく性質のこと。コーティング剤の性能は大きく「親水性」と「撥水性」に分類されます。G’ZOXシリーズのNewリアルガラスコートは、ソフト99コーポレーションが長年の研究と独自の技術により、基本的には親水性であるガラス系被膜に高レベルの撥水性を実現した新しいボディ用コーティング剤です。
他のガラス系コーティング剤では味わえない爽快な水はじきは、雨の日のドライブさえも楽しみにさせてくれます。

息をのむ深いツヤ

息をのむ深いツヤ

G’ZOXシリーズのNewリアルガラスコートの深いツヤには2つの理由があります。1つはプロによる丁寧な下地作り。もう1つはNewリアルガラスコートの特徴である反応型ガラス系被膜。Newリアルガラスコートの正体である反応型ガラス系被膜は、厚く、硬く透明な被膜を形成します。この透明な被膜のおかげで、樹脂系コーティング剤ではなし得ない、ボディの内側から輝き出すような、深いツヤが得られるのです。

強固な被膜でボディをガード

厚く硬いガラス系被膜は

  • 紫外線・酸性雨など環境の悪影響
  • 排気ガスに含まれる有害成分
  • チリ・ホコリなどによるキズ
などからボディを守ります!

Newリアルガラスコート<ガラス系被膜>

Newリアルガラスコート<ガラス系被膜>

従来のコーティング材<樹脂系被膜>

従来のコーティング材<樹脂系被膜>

お客様のメンテナンス方法

1.日常的なメンテナンスは水洗いだけ!

日常的なメンテナンスは水洗いだけ!

Newリアルガラスコートを施工されたお車は、定期的に水洗いを行うだけでコーティング効果が持続し、汚れが簡単に落とせます。

■作業1

  • ボディにしっかり水をかけ、ホコリなど大きな汚れはシャワーで取り除きます。じゅうぶんに水をかけながら、洗車スポンジを用いて軽くボディをなでて汚れを落としてください。

日常的なメンテナンスは水洗いだけ!

■作業2

  • 雨に濡れた後や水洗いの後、水滴をそのままにしておくとシミが発生することがあります。水切りセーマ(もしくは柔らかいタオル)でしっかり拭き上げを行ってください。

2.撥水性が落ちてきたら・・・撥水メンテナンスクロスで拭き上げるだけ

撥水性能が弱くなってきたら、シャンプーや水洗い洗車後の拭き上げに、撥水メンテナンスクロスをご利用ください。撥水性能を維持することで、汚れを落としやすくなり、水洗い後の拭き上げ作業も楽になります。

撥水性が落ちてきたら・・・撥水メンテナンスクロスで拭き上げるだけ

■作業

  • 一旦水を含ませてからしっかりしぼり、あとは普通のタオルのように使用するだけでボディの撥水性能が復活します。

3.汚れたらメンテナンスシャンプー

汚れたらメンテナンスシャンプー

鳥のフン・樹液・虫の死骸・タール・油汚れなど、水洗いでは落とせない汚れがボディについた場合、メンテナンスシャンプーをご利用ください。早めに汚れを落とすことでコーティング被膜のダメージを防ぎます。ボディをザラザラにしてしまう鉄粉の付着も少なくなります。

撥水性が落ちてきたら・・・撥水メンテナンスクロスで拭き上げるだけ

■作業1

  • 付属のスポンジを水でじゅうぶん濡らし、シャンプー液を適量つけて、しっかり泡を立ててください。

撥水性が落ちてきたら・・・撥水メンテナンスクロスで拭き上げるだけ

■作業2

  • 泡でやさしく洗浄してください。洗浄後はしっかりと水ですすぎ、「1」「2」のように拭き上げてください。
    メンテナンスシャンプーで落ちない汚れやシミについては「4」「5」に進んでください。

4.シャンプーで落ちない特殊な汚れには・・・

汚れたらメンテナンスシャンプー

汚れたらメンテナンスシャンプー

■作業

  • 花粉・黄砂・樹液などが固まってしまいシャンプーで落ちない場合は、濡らしたタオルをボディにのせ、その上から熱湯(80℃以上)をかけてじゅうぶん浸してください。
  • 温度が下がらないようにドライヤーで5~10分暖め、タオルを取り除いてからメンテナンスシャンプーをご利用ください。

※作業の際はやけどにじゅうぶん注意してください。

●作業が困難な場合や、状態が判断できない場合は当ショップにご相談ください。

5.シミや、しつこい汚れにはメンテナンスクリーナー

  • シャンプーで落ちないしつこい汚れや、ガラスコートに出来てしまったシミにはメンテナンスクリーナーを部分的にご利用ください。

注意事項

  • 洗車後にボディの水滴を拭き取らないと、水の中の成分が白く残ることがありますので、必ず水滴を拭き取ってください。
  • ワックス入りシャンプー、水アカ落としなど研磨成分を含んだシャンプーやクリーナー、有機溶剤を含んだワックスやコーティング剤などのご使用はコーティング被膜を傷める恐れがあります。必ず指定の専用メンテナンス用品をお使いください。
    粘土クリーナーの使用については当ショップにご相談ください。
  • 板金補修や再塗装をされた場合、色ムラの原因になりますので、当ショップにご相談の上、再施工をおすすめします。

定期点検

  • リアルガラスコートサポートシステムをご利用いただくために、年1回の定期点検を必ず受けてください。
    詳細は当ショップにお問い合わせください。

コート剤はその都度仕入れます。

コート剤はその都度仕入れます。

コート剤は、空気に触れると化学反応を始めてしまいます。反応が終わってしまったコート剤をボディーに塗布することは可能ですが、車の塗装面との密着性能が無くなり、塗布後洗車や雨水と共にコート剤も流れ落ちてしまいます。
当ショップでは、コート剤の保存状態による化学反応を防ぐために施工直前にコート剤を入荷しておりますので、施工につきましては完全予約制となっております。

施工後、施工証明書・ステッカーを発行します。

G’ZOXシリーズのNewリアルガラスコート施工車には”施工証明書”および”施工済みステッカー”を発行します。
※コーティング施工車の、事故等による再塗装や新規部品取り付け時のボディコーティングの再施工は、保険の対象となりますので、施工証明書と定期点検表を合わせて保険会社にご提示ください。

施工後、施工証明書・ステッカーを発行します。

強靭な被膜で美しいボディをキープ!